3月18日 稽古日誌


もうなんか、毎度毎度久しぶりの投稿になるのでなんか申し訳ないですね。

どうも、劇団代表の木村です。

「寒の戻り」「花冷え」などと申しますが、この時期確かに暖かくなってから一旦冷えますよね。

今年は21℃だったのに一気に5℃まで冷えたりねー、寒さでクシャミしてんだか花粉でクシャミしてんだかわかんなくなりますな。

 

さて、季節の話はさておき、今日もえすぷろは基礎練習です。

今回は、新人団員から『大きな声が出ない。』との相談がありましたので、筋トレです。

古典的に、まず、どの程度の体幹なのかをざっくり見るために、あぐらをかいた状態から立ってみるテストとか。

腕立て伏せとか(土下座ではありません)、スクワットとか。

29020224_2035642733362098_91453293_n29004004_2035642686695436_831473592_n28908440_2035642720028766_1664339639_n

あと、わかりにくかったので写真は載せていませんが、大きな声を出すために声帯周りの筋肉の強化など。

まぁ、ちょとだけ知ったかを申せば、舞台で声を出そうと思ったら、「大きな声を出す能力」はほぼ必須になると思います。

これが、ちゃんとレッスンを受けている人や、日常的に声を出す人(飲み屋の店員や、舞台俳優、ラジオDJ)一度大きな声・通る声の出し方を体得した人は、稽古時期に入るとブランクがあってもそこそこ戻ってきて大きな声が出たりしますが。

今回の新人さんのように真っ当な生活を送ってきていると、そもそも声の出し方、使い方が舞台に向いていない人がいらっしゃいます。

じゃあ、そういう人たちは何をすればいいのかというと・・・実践ですね、もう使って使って使いまくって体得するしかないと思います。

しかしながらウチは特に社会人劇団ということなので、公演ペースが年に1~2回。ちょっと「使いまくる」には程遠いので、そのあたりを補填するために、体つくり、ストレッチや筋トレを行っています。

やり方を覚えて、あとは家で続けるだけ。ちゃんとやっていけば、できるようになりますのでこれからも頑張っていきましょう!

 

それと、課題に設定した台本を読み合わせて、本日は終了です。

29344990_2035642623362109_1380684920_n29019778_2035642593362112_277806718_n

次の稽古は、4月8日ですね。 いよいよ新年度です、張り切っていきましょう!