3月5日 稽古日誌


みなさまこんにちわ 渡辺です。

 

今週は、主に音響さんの音合わせをやりました。

音響さんがバリバリやる気で、一つのシーンにつき最高5つも候補となる音(音楽)を用意していて、すべての音を舞台上での演技に合わせてみる作業が続きました。

 

役者にしてみても、適当に流すんではなく、演出からの演技指導も同時に行われるのですが、なぜか渡辺はほぼ出ずっぱりですっごい疲れました。

 

台本が厚くかつ出演する役者の数が多いと、どうしても同じシーンを何回も何回も繰り返して突き詰めていくチャンスが減るので、役者としては非常にありがたい状態であるのですが、やっていくうちに情報はオーバーフローを起こして頭からこぼれ落ちそうになるし、体力的にもつらいっす。

 

常に全力でと時に偉そうにメンバーに言っている僕自身が手を抜いてしまって、演出に叱られもしました。

 

全く年は取りたくないもんですなぁ。

 

そう言えば、「若いころに比べて最近記憶力が落ちた」とぼやいてる木村さん。あと10年したら、もっともっと頭は悪くなっちゃうんだよ。覚悟しておくんだな。そして今の僕の気持ちを知るがいい。わはははははははははははは