1月29日稽古日誌


みなさまこんにちわ

なんとなーく、ほんの少しづつ寒さが薄らいできてるような気がします。渡辺です。

 

さて、ついにキャストが決まりました。

演出が悩みに悩んだキャスティングでしたが、渡辺個人的にはとても素敵な配役になったかと思っています。

もんのすごく楽しい舞台になりそうです。

めい一杯はっちゃけて舞台をやりたいですねー。その価値がある脚本で配役だと思います。

 

んで、今週の練習内容は、キャストも決まったということで、本読みを一通り通して読みながらのイントネーションチェックです。

 

劇団員は2人を除いて、みな根っからの関西人なので関西弁のイントネーションが染みついています。

ま。そのぶっちぎりの筆頭はワタクシなんですが・・・

某劇団員には「今回私裏方で余裕があるから徹底的に直していくから覚悟してね」と釘を刺され・・・はは

 

いやぁ。 自分なりに気を付けてるつもりでも間違ってたり、間違ってるからと思って自分で矯正したらかえってひどくなってたり。

 

えぇえぇ。本読みの間めっちゃ緊張して挑みましたとも。

結果。およそ2時間の台本で私が直されたのは2か所でした。

筆頭の割に少ないような気がしますが、これはまぁ、今回出番が少ないからってだけなんですけどね。

 

これくらいならまぁ一安心。どうせ、立ち稽古が始まって他のことに気を取られだしたら、ぼろが出まくるんだろうけど。

 

 

ああ。それと、巷で話題の「べたーっと開脚」はじめました。

真面目に続ければ、1か月でべたーっになれるそうですが、みんなまじめにやるかなぁ。

まま。次の公演までには劇団員全員べたーっになれるように頑張りたいと思いますです。

 

 

5月末の公演までの長丁場。がんばっていきまっす。

 

チケット買ってね!