8月22日、23日 稽古日誌


台風が暑さをさらってどこかに行ってしまいました。

おかげで最近、涼しくて過ごしやすいですね。

いかがお過ごしでしょうか。

yukiyaでございます。

 

22日。

翌23日は、初のゲネプロ(通し稽古)ということで、シーンを全体的に稽古。

とりあえず、発声とストレッチで喉と身体を温めます。

DSC_0473[1]DSC_0476[1]

身体を温めてから小休止を挟み、最初から最後まで適度に休憩を取りつつ稽古。

DSC_0481[1]

土曜日ということで人は少なめ、なので代役を入りつつ稽古。

その時のわたくしは、平日の激務の為にヘロヘロ。

見事なまでに集中力が上がらずに、自分で何言ってんのか、どう動いてんのかわからないという状態。

多大な迷惑をかけました。

改めて、疲れてる時の稽古ほど精神的に来るものがありますね・・・。

皆様も、体調管理にはお気を付けくださいませ。

 

23日。

まずは発声練習。

DSC_0489[1]DSC_0488[1]

初ゲネプロということで若干表情が硬めの劇団員。

発声が終わった後は、各役柄の衣装を来て、小道具を準備していよいよゲネプロスタート。

P1110095_xlargeP1110079_xlarge

とりあえずは大きな障害もなく進みましたが、色々と課題が出てきます。

ある意味で最近のえすぷろ名物となった、食事のシーンで実際に物を食べる部分では、しゃべりながら演技することのむずかしさにより、各々悪戦苦闘。

自分の台詞の時に、ご飯粒を飛ばしたり・・・。

これは汚い・・・。

舞台裏の狭さ等々で若干の交通整理ができていない部分があったり、着替えに時間がかかったりと、てんこ盛り。

それでも無事に終わったのでほっとしました。

ゲネプロの後は、軽く反省会を行い、昼休みを取り、午後からは・・・。

 

ゲネプロです。

ダブルキャストということで、白河古都さんとエッグママさんが交代して、午後からもゲネプロ。

午後からは、さらに暗転をも作り照明も使い行います。

P1110120_xlargeP1110125_xlarge

照明が灯くと雰囲気がまたかわります。

せっかくなので、前説からスタート。

暗転が加わったことにより、また新たな課題が・・・。

裏で台本の確認とか、暗がりの中での着替え、舞台の片づけ具合がわからない等々、先が思いやられます。

 

あと3週間で本番。

実際の稽古期間はあと2週間。

やべぇ、本番こえぇ・・・。