5月9日、10日稽古日誌


みなさまこんばんわ

いつものyukiyaに代わりまして、渡辺でございます。

最初にごめんなさいしておきます。今回、写真が一枚もありません。

さて、当劇団の公演準備もいよいよ大詰めを迎えまして、稽古もそこそこにその他の準備に追われておりました。

まず、9日土曜日は9時から15時まで「インプロ」と「亡者と死神」の練習。

「亡者と死神」って、あんまり練習してないんだよねぇ。

私、渡辺が演出になっているんですが、なにぶん演出するのは初めてで、頼りないことこの上ない^^;

しかーし、出演するのは当劇団の看板の2人。さすがの演技でございます。

私は劇団に入ってから、役者は演技力ももちろんですが、舞台の上では他の役者や舞台装置との位置関係などを把握する能力が必須だと学びましたが、この2人さすがの一言でございます。

演出としての私の存在意義がががが・・・・・

ま、それはさておき、とても良いお芝居になっていますので、皆様楽しみにしてください。

15時以降は、打ち合わせとお買い物。会計の目から放たれる鋭いビームをフットワークでかわしつつ(でも結局撃ち落されて)資材をそろえていくのでございます。

 

10日日曜日は、午前中に、今まで一度もやってない最初から最後までの通しをやりました。

今回の公演は短編4本なので、そのつなぎをどうするのかとか、場面転換の練習です。

ただ、演技というのはホント微妙なものでして、いつもとほんの少しやることが変わっただけで影響が出ちゃいます。

私なんか、自分の台詞をすこーーんと飛ばしてしまいました。今までこんなことなかったのに。本番でやったらと思うと、マジ怖いです。

午後からは、公演会場に行って、道具類の搬入と舞台になるところにパンチカーペットを張って、遮光のための黒幕を吊りました。

文章に書くと2行で終わっちゃうんですが、これがなかなか大変で。解散するころには8時を過ぎてました。

板間をはだしでうろうろするので、足の裏がしんどくて。子供のころの柔らかい足の裏に戻りたい。

 

まぁ、そんなこんなで公演準備はちゃくちゃくと進んでおります。

再来週には本番が待ってます。

劇団員一同、皆様に楽しんでいただくことを第一にがんばりますので、よろしくお願いいたします。

たこ焼き大好き渡辺でした。see you